チャットレディは危険なお仕事なの?

チャットレディは安全なのか

「チャットレディは危険な仕事って聞いた」
「女性をカモにした仕事なのでは?」
チャットレディとして働く時には、少なからず不安を感じますよね。
顔出しをして男性とやりとりをするなら尚更です。いつか身バレするのではないか、住所がバレてしまうのではないかと心配になるのも無理はありません。
しかしチャットレディのお仕事は、きちんと対策をしておけば危険な道など簡単に回避できるのです!
本記事ではチャットレディの匿名性について紹介していきます。

匿名性に特化しているから安心

チャットレディの仕事を始める時、サイトへの会員登録が必要となります。
個人情報を伝える必要があるのは、この時だけ。
というのも、男性会員とやりとりをする時は本名を明かさなくてもOKなのです。偽名や偽年齢は当たり前の世界!
もちろん住まいを厳密に言う必要もありません。

対策をしっかりすれば安全

テレビ電話のようにパフォーマンスをしながら仕事をするチャットレディでは、大半の人が顔から下までと全身を映しています。
「顔まで出すのはちょっとムリがある」と思っている人でも安心です。
チャットレディの中には、首から下しか映さない人もいます。
また顔を映すとしてもウィッグを被っていたり、メイクを濃くして素顔を誤魔化したりといった手法を用いているのです。
素顔を見せるのはちょっと厳しいと思っている人は、こういった対策をして危険を回避していきましょう!

在宅チャットレディは特定犯に気をつけて!

チャットレディの働き方には2パターンあります。
それは普通のアルバイトのように出勤できるスタイルと、自宅のパソコンや自分のスマホを使ったスタイルなのです。
出勤スタイルだと、サイトが管理している部屋でチャットをするので部屋の間取りや窓越しに見える景色で特定される心配はありません。
しかし在宅チャットレディはみんな自宅で仕事をしていますよね。そのため不本意に間取りがバレやすいような場所で仕事をするのはオススメできないのです。
在宅でチャットレディをする時には、十分に注意していきましょう。